何処かへ

 

f:id:far-falla:20210403215318j:plain


見送った。電車。なんとなく、
 ひとりになった。駅のホームはもの悲しい。

 スマホを取りだして、呼び出したアドレス。
 メールを打って、送信。そのまま画面を見つめていた、
 莫迦だな。
 嗤うこともできない。ためいきをひとつ。
 酔っているのかも、しれない。
 反対方向の電車に飛び乗りたくなる。
 でも、
『帰る』場所は、―――
 握りしめたままのスマホが震える。開いた画面に並んだ、短い単語の羅列。思わず口許が緩む。
 強張っていた感情が解けていく。
 どうして、
 こんなにも欲しい言葉を綴ってくれるんだろう。
 スマホを握りしめ、その姿を思う。本当は、聞きたいんだ。声を。
 声を。
 でも―――

 電車が来た。息を吸い込み開いたドアに向かう。
 家に帰るために。
 家族の居る。家庭。帰る場所。

 ココロは何処に行きたがっている?

残像

f:id:far-falla:20210331142236j:plain


ナイテイルノカト。
 思うんだ。いつも。

 静かな横顔。
 うつくしいその貌に、時折。
 ほんの少しだけ浮かぶ。表情。
 泣くのかと。
 その表情を見つける度に、
 胸が痛くなる。

 あのひとは、携帯をただ、みつめている。

 ああ、ほら、また、
 泣きそうで、
 壊れそうで、

 胸が痛くなる。

カナシイ、しあわせ

f:id:far-falla:20210331124103j:plain

 

 この、こころを、
    捨てた。だからもう、
 恋なんて、
  知らない。

「あいしてるよ」
 優しい、微笑みをいつだって、
 その口許に浮かべて。
「すきだよ」
 そう、いつだってあのひとは優しい。
 だけど、

  知っている。

 あのひとは、
 誰れも見ていない。
 あのひとは誰れのことも見ていない。

「あいしてる」
 その言葉に。こころがない。

 あのひとは誰れも愛していない。
 その、
 優しい眼差しには誰れも映さない。
 言葉だけが、
 優しく、やわらかく。包み込むように、やさしく。

 シアワセを、勘違いしてしまう。
 残酷なこと。あなたは、知らない。
 求めても届かない。掴めない。この手に。

 諦めることしかできない。
 だけど離れることができない。

 残滓が、熾火が、
 この胸の奥に。
 口にできない。想いが、ココロが、
 タマシイが、
 いつかの、
 あのときに取り残されたまま、

web拍手 by FC2